×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インナーマッスルとは

人間の筋肉は大きく2つの種類に分けられます。インナーマッスルとアウターマッスルです。
インナーマッスルは体の内側の筋肉のことをいいます。筋肉に内側とか外側とかあったの?と思われたかもしれません。しかし内側の見えない筋肉であるインナーマッスルは、実はとても重要な働きをしているのです。私達が普段鍛えている筋肉はアウターマッスルといって外側の大きな筋肉の部分になります。通常の大胸筋や大腿筋などを鍛えるトレーニングでは、インナーマッスルは鍛えられないのです。ではなぜインナーマッスルを鍛える(インナーマッスル トレーニング)が重要なのか。それはインナーマッスルが体の関節を固定する役割を持っているからです。関節をしっかりと固定することでアウターマッスルの動きをサポートしています。また、インナーマッスルを鍛えることで肩こりや腰痛などをの原因を取り除くことも出来るんですね。筋肉における縁の下の力持ち。それがインナーマッスルなのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

インナーマッスル トレーニング

大きい筋肉群であるアウターマッスルをより機能的に動かすのがインナーマッスルの働きとはさっき言ったとおりです。健康的な生活を営むためにもインナーマッスル トレーニングで内側の筋肉を鍛えることは重要になります。そして野球や水泳などスポーツをしている人にとってインナーマッスル トレーニングはことさら重要です。人間の身体というのは、大きい筋肉とそれを支える小さい筋肉群をバランス良く鍛えることで最大限にパワーを発揮します。センスのあるスポーツマンはやはり効率的なインナーマッスルもきちんと鍛えられているものです。もしアウターマッスルばかり鍛えてインナーマッスル トレーニングを怠ると怪我の確立を増すことにつながります。バランスが大事です。ではどうすれば外側と内側の筋肉をバランス良く鍛えることができるのか。実際にインナーマッスル トレーニングの正しい方法というものははっきりと確立されてはいません。昔のひたすら量をこなすトレーニングでもある程度のインナーマッスルは鍛えられたしょうが、できればもっと効率的なインナーマッスル トレーニングが理想ですよね。

効率的なインナーマッスル トレーニング

効率的なインナーマッスル トレーニングをするにはどうすればよいのでしょうか。
トレーニングを行う前にはストレッチをされると思います。野球なら肩の筋を伸ばしたり、肩を回したりですね。このストレッチの際使っている筋肉の周りにインナーマッスルは潜んでいます。そしてこの部分を鍛えるの使用されるのがチューブの伸縮で負荷を調節するチューブトレーニングです。野球の投球フォームの練習などでよく使われていますね。チューブを使う トレーニングは確かにインナーマッスルに効果があるのですが、実は欠点もあります。それはチューブを使って加える負荷は、動きが直線的にしかかからないということなんですね。インナーマッスルの筋肉群というのは数も多く、一つ一つ鍛えてるのはとても時間がかかります。そこで効率的なインナーマッスル トレーニングのために、水中の負荷を利用するトレーニング法が考案されました。浮力、抵抗力、流体力学などをを上手くミックスして利用することで、万遍なくインナーマッスルに刺激を与え、効果的なインナーマッスル トレーニングを実現しています。そしてこれらはリハビリなどにも応用されています。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 インナーマッスル トレーニング